前立腺がん、乳がんのセカンドオピニオン、転移・再発、ガーダントの相談なら佐藤 俊彦

がん治療のセカンドオピニオンNIDCのサイトメニュー

記事一覧(ブログ)

オプジーボ がん治療 免疫細胞療法

2018年10月、京大特別教授・本庶佑(ほんじょ・たすく)氏は、がんの免疫細胞療法の研究でノーベル医学生理学賞を受賞しました。 本庶佑氏は、PD-1を発見、オプジーボ開発に寄与しており、ノーベル賞受賞で今後のがん治療は大 […]

がん治療 抗がん剤 副作用

がん治療における抗がん剤やホルモン剤、さらに抗がん剤の副作用、ホルモン剤の副作用についてご紹介します。 抗がん剤 がんの三大治療法の1つである抗がん剤は、がんの薬物療法として細胞の増殖を防ぐための化学療法です。 がんの化 […]

353
免疫細胞療法 BAK療法

がんの治療法はこれまで手術療法、抗がん剤療法、放射線療法の三大治療法が適用されることが多かったのですが、近年がんの新しい治療法として注目されているのががんの免疫細胞療法であるBAK療法です。 がん治療の可能性を広げる、免 […]

QOL がん治療

「QOL」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。? QOLとは英語の「Quality of life(クオリティーオブライフ)」の頭文字を取った略で、直訳すれば「生活の質」となります。 人として生まれたからには、ただ生 […]

放射線治療 抗がん剤 違い

がんの三大治療法とは、「手術療法」「抗がん剤療法」「放射線治療」の3つを言います。 日本では「手術ファースト」の考え方が強く広がっており「がんの治療は手術が最善」と思い込んでいる人が結構多いですよね。 しかし、手術療法は […]

520

がん治療をはじめとして、「セカンド・オピニオン」という言葉に注目が集まっています。 セカンド・オピニオンとは、主治医以外の医師から意見・診断をもらうことを指します。 そこでセカンド・オピニオンや、それにまつわる「サード・ […]

30

がんにおいて「手術」「放射線治療」「抗がん剤」は、がんの三大治療と呼ばれています。 最近では、手術、放射線治療、抗がん剤以外の治療法も多く登場し、がん治療は選択肢が増えてきました。 そこで免疫細胞療法、放射線治療、そして […]

123

がん治療においては、「手術」「抗がん剤」「放射線治療」が3大治療と呼ばれていますが、「免疫細胞療法」も第4の治療法をして注目を集めています。 2018年10月、この免疫療法を確立したとして、京都大学特別教授の本庶佑氏がノ […]

がんの治療において、近年では「がん細胞自信が、体の免疫にブレーキをかける能力を持っている」ということがわかってきています。 京都大学の本庶佑特別教授は2018年10月、がんの免疫細胞療法の研究でノーベル医学生理学賞を受賞 […]

0

「がんにかかると、痛みとの戦いが始まる」というイメージを持っている人も多いと思います。 実際、がん医療においては、「がんの治療による痛みと苦痛は仕方ないもの」として受け入れるしかない、と思われてきました。 しかし最近では […]

自治体や医療機関で乳がん検診に行くと、マンモグラフィなどの画像診断機器で検査を受けることになります。 乳がんといえばマンモグラフィと呼ばれるほど、マンモグラフィは世の中に浸透してきたでしょう。 しかし「マンモグラフィは痛 […]

がんの治療において、治療の進め方を決める際に、画像診断からがんの広がりや進行の程度、症状などから総合的に判断し、ステージ(病期)を診断します。 がんがどのくらいの大きさになっているか、周辺のリンパ節や別の臓器へ転移してい […]