前立腺がん、乳がんのセカンドオピニオン、転移・再発、ガーダントの相談なら佐藤 俊彦

がん治療のセカンドオピニオンNIDCのサイトメニュー

記事一覧(最先端医療)

免疫療法

「がんの免疫療法」と言えば、従来は「免疫細胞の力を高める」という点に焦点を当てたものでした。 ただし、一定の効果はあったものの、何か今一つ力が及ばない……。 試行覚悟が行われるなか、発見されたのが、「がん自身が、免疫にブ […]

免疫治療の新しい薬「免疫チェックポイント阻害薬」とは?

従来のがんの免疫治療は、どのように免疫細胞の力を高めるかのみに焦点が当たっていました。 その手法も一定の効果は見られたものの、症例が増えるに連れ、効果としては“今一歩”の感じがあったのも事実です。 なぜなら、免疫細胞自身 […]

免疫細胞のひとつナイーブT細胞とは?

がんの免疫細胞療法では、いろいろな免疫細胞が活用されます。 その数多い免疫細胞の中から、「ナイーブT細胞」についてご説明します。 最新の免疫細胞療法の一つ「DCハイブリッド療法」の核とも言われるナイーブT細胞は、その働き […]

免疫チェックポイント阻害薬とは?

『免疫チェックポイント阻害薬』という言葉を聞いたことがありますか? 意味が分かりにくい言葉かもしれませんね? 『免疫チェックポイント抗体』と呼ばれることもあります。 ますますよく分からない言葉です。 最後に『薬』がついて […]

がん放射線治療・免疫療法で用いられる樹状細胞とは?

放射線療法と相性が良いとして、免疫細胞療法が注目されています。 免疫細胞療法はその名の通り、免疫細胞を利用したがん治療法ですが、時々「専門的で分かりにくい」と言う声も聞こえてきます。 そこで、免疫細胞療法の一つ「DCハイ […]

自身の免疫細胞を培養する免疫細胞療法とは?

サイバーナイフやトモセラピーといった高度放射線治療装置が登場し、がんの放射線治療は躍進しました。 実は、放射線治療と組み合わせるとがん治療の効果をさらに高める「ある治療法」が注目されています。 「ある治療法」とは「免疫細 […]

トモセラピーには二種類の照射モードが搭載されています。初期型から搭載されている「ヘリカル回転照射モード」と最近追加された「固定多門照射モード」です。 今回は二回に分けて、「ヘリカル回転照射モード」と「固定多門照射モード」 […]

トモセラピーには、二種類の照射モードが備わっています。 一つは「ヘリカル回転照射モード」、もう一つは「固定他門照射モード」です。 今回は二回に分けて、この二つの照射モードについてお話します。 ここでは「ヘリカル回転照射モ […]

人間の臓器の多くは、呼吸に合わせて動きます。 特に肺や肝臓の動きは大きく、数センチ動いてしまうことも……。 従来の放射線治療装置では、大きく動く臓器にピンポイントで放射線を照射することはできませんでした。 ですが、サイバ […]

サイバーナイフはがん治療の未来を明るく照らす?

1999年に米国で頭頚部および頚胸椎の腫瘍でその使用が承認されてから現在まで、サイバーナイフの適用範囲は大きく広がってきました。 今ではがんはもちろん、それ以外の疾患の治療にも使われています。 今回は、サイバーナイフの効 […]

PET/CTの課題とは

がんの診断に使われる画像診断機器の使命は、より正確に、より精密にがんを可視化することです。 正確な画像はより安全な治療を実現するのに役立ちますし、精密な画像は小さながんの発見につながります。 今回取り上げる画像診断機器・ […]

免疫療法

放射線治療、手術、抗がん剤治療に次ぐ第四のがん治療として、免疫細胞療法が注目を集めています。 免疫細胞療法は単独でももちろん効果が実証されてきていますが、最近では放射線治療と組み合わせることで症状効果が生まれ、より高い治 […]